忍者ブログ
公共職業訓練受講マニュアル-各種手当をもらいつつ「訓活」するために-
 1 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

公共職業訓練受講マニュアル-各種手当をもらいつつ「訓活」するために-



失業保険は2年間、ずっと貰うことが可能!しかし・・・
職業訓練は最長で2年間受けることができます。

つまり、2年間、ずっと訓練延長給付を貰うことが可能です。

では、これを「給付日数」であらわすと何日分位になるのでしょうか?

例をあげて簡単に説明します。

 

【例2】
失業保険の給付日数が90日で、職業訓練の期間が2年の場合

 


1か月を分かり易く30日とします。

すると、1年で30日×12か月=360日。2年で360日×2年=720日となります。

この720日分に職業訓練の受講が開始するまでにもらった失業保険がプラスされます。

仮に80日分もらったとしましょう。

すると、720日+80日=800日

⇒ なんと、800日分もらえることになります。

本来の失業保険の給付日数である90日分と比べると実に9倍近くとなります。

「やったー!職業訓練を受けて失業保険を数多くもらおう!」と思った方がいたらそれは甘いです。

何故なら、誰もがそれだけの日数分を貰うことが出来る訳では無いからです。

それ所か、800日分以上もらっている人は、極めて少ないです。

その理由として次の3つがあります。

1.職業訓練の2年コースは工業系が殆ど
2.2年コース自体が少ない
3.選考試験を突破しなければいけない

順番に1から見ていきましょう。職業訓練の2年コースは工業系が殆どです。
よって、人事・労務、経理、販売、PC、介護、デザイン等工業系以外の職業訓練を受講したい方にとっては、そのとき点で、対象外となります。

次は2です。職業訓練のコースで多いのは、3か月コースと6か月コースです。2年コースとなるとかなり少ないです。

3はどうでしょう。職業訓練には選考試験があります。訓練校によって選考試験の内容は異なりますが、面接、書類選考、適性検査、筆記試験等があります。

この選考試験を突破しなければいけません。

大幅に増え無くても十分メリットはあります
失業保険は大幅に増え無くてもいいのです。

その理由をこれから説明します。ここからが重要なポイントです。

少し前にも書きましたが、職業訓練のコースで多いのは、3か月コースと、6か月コースです。

当然、2年コースと比べたら、それぞれのコースを受講する事によって支給される訓練延長給付は少なくなります。

ただ、それでも、訓練延長給付をもらえるというのは大きなことです。800日とかそこまで増え無くても、30日とか50日でも増えたならばけっこうな額になります。

例をあげて説明します。


【例3】
失業保険の給付日数が120日で、職業訓練の期間が3か月の場合


例2と同様に1か月を30日とします。

すると、3か月のコースだと90日分となります。

この90日分に職業訓練の受講が開始するまでにもらった失業保険がプラスされます。

仮に120日の半分である60日分もらったとしましょう。

CORE 一流の学習法 3倍速に挑戦! 中国語をリスニング 3倍速に挑戦! イタリア語をリスニング イージースタディ~偏差値70を突破する学習ツール~ 3倍速に挑戦! ドイツ語をリスニング 「スピード英語脳メイキング」シークレットプログラム 大学入試にもつながる高校受験勉強法マニュアルDVD 超楽々暗記 中国語単語 入門編

すると、90日+60日=150日となります。

本来の失業保険の給付日数は120日分なので、150日ー120日=30日

⇒ 30日分増えることになります。

失業保険の1日あたりの金額が仮に6,000円とすると、6,000×30日分=18万円増えます。

18万円でも増えたら有り難いことでしょう。

30日分というのは例3の場合であって、それ以上増えることもあります。

仮に50日分増えたら失業保険の1日あたりの金額が同様に6,000円としたら30万円となります。

それに、職業訓練を受講する事によってもらえるお金は訓練延長給付だけでは御座いません。

「受講手当」や「通所手当」という手当ももらえます(支給の対象となる人は少ないですが、「寄宿手当」もあります)

受講手当は職業訓練に通う人の生活を補助する事を目的として支給されます。

金額は1日の出席につき700円です(本来は1日500円ですが、暫定措置で金額が上がっています)

たかが700円と思うかもしれませんが、3か月の訓練をしっかりと受けると42,000円前後、6か月の訓練なら84,000円前後となります。

通所手当は交通費です。

月額で最高42,500円もらえます。交通費まで支給される何て至れり尽くせりですね。

このように職業訓練を受講すると各種手当を貰うことができます。

更に!

大幅に増え無くてもいいと言うのには理由があります。

それは、職業訓練は基本的に入学金と授業料が無料と言う事です!(一部の長期コースについては若干、負担が発生します。ただ、それでもかなり安いです)

普通に専門学校に行けば、50万円とか100万円とかかかるような授業でも、職業訓練ならばタダです。

無料でスキルアップできて、各種手当をいくらか貰うことができたら十分では無いでしょうか?

こんな制度は他には見当たりません!


 

PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
公共職業訓練受講マニュアル
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ
Copyright ©  公共職業訓練受講マニュアル レビュー・口コミ  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]